<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ちょっとの意識

ジロでございます。

北海道では初雪観測らしいですね。
今日は会社の避難訓練で、白いヘルメットを被って、会社横の銀杏並木を闊歩しました。
どんより曇り空でしたが、ひんやりした空気がチョッと気持ちよかったです。

さて、二週続けてのお御堂での練習でした。
前回は一番前、今回は男声の前(アルト最後列)で練習となりました。
聞こえ方が全然違う~。。。
入る時(歌に)の感覚も全然違う~。
色々なパートの響きの多さに戸惑う~。
もちろん先生見ながら入ろうとするけど、当然聞こえてくる歌声も頼りにします。

そんななか、テノール/バスと続いてアルトが入る時・・・・
ちょっとのズレがなだれを起こしました・・・(+o+)oh!no!
こっ怖すぎますね・・・。あのなだれは・・・・。
とにかく自分だけじゃなくて、周りを聴くことを何度何度も言われ、、
2回目(3回目だっけな?4回目?)、、、うまく繋がって、おーー入りやすい!
そんな男声へチラリと目をやり、goodサインを出したら、タロ父が、
「どう?歌いやすかったでしょ?ちょっとの意識でこうも違うんだなぁ」
とボソッと一言。
そうですね~タロ父様・・・・・。
私もそんなちょっとの意識を大切に歌うことを忘れないようにします。

お御堂での練習は、慣れない響きが豊か過ぎることも手伝ってか、
先生の「残念な顔」「納得できない顔」が良く出てきます。
ちょっとの意識でなんとか先生の「残念な顔」を「納得の顔」にできるように
したいなぁ。。。。

ジロでした
[PR]
by taro--jiro | 2010-10-26 12:27 | つぶやき | Comments(1)

スカルラッティのヨハネっ

たびたび、タロです。

今日は仕事をサッサと終わらせ、王子までスカルラッティのヨハネ受難曲を堪能しに行きました。
ほぼ、聖書の文章を「繰り返したりせず」追っていく、純粋な受難の物語でした。
劇的な装飾はほとんどなく、エヴァンゲリストである青木先生は、二度座っただけで、ずっと立ってしゃべり続けていらっしゃいました。(昨日の夜一緒にお酒を飲んでいた人とは思えない・・・!!すごい・・・)
一度は、イエスの長台詞。二度目は、頭を垂れてイエスが息を引き取った時。
このときは、全ての音が止まり、一分ほどか?すっと沈黙の時間が流れました。

余談:アキラくんの後ろにいたお客さんは、このとき、終演と思ったのか?拍手をちょっとしそうになっていたそうです・・・危ないっ!!今年の春のBCJマタイの終曲後、コラールがあるのに(、というか指揮者が手を下ろす前に)、盛大に拍手をしちゃった観客がいましたが、彼の頭にはその時の記憶が過ったそうな。

ずっとしゃべり続けていたエヴェンゲリスト氏ですが、最後の一文、「彼らは、自分達の突き刺した者を見る」の台詞だけ、不思議なことに、歌でした。あれだけしゃべり続けて、最後に歌を歌うって、結構大変じゃないのかな?けれど、素敵な、とってもオシャレな終わり方のように感じました。さすがイタリア人!!と思った。

気になった楽器がありました。テオルボ。リュートの親分のような、でかくて長い楽器です。
弦がたくさん張ってあるのだけど(14弦)、首(ネック?)がそんなに太くなく、弦の半分くらいはネック部分にかかっていないのです。
休憩中に演奏者氏が調弦などしていらっしゃったので、つい、興味津々で話しかけにいってしまいました。
浮いている弦は、押さえずに開放弦でペロロ〜ンと鳴らすのだそうです。
「後半のヨハネでは、この弦も使うよ」と仰っていたので、注目していんたんですけど、タロの席からは譜面台が邪魔して、彼の右手が弦を弾くところは見ることが出来ませんでした。残念・・・

ともあれ、とっても楽しい夢のような時間でした。ありがとうございました〜〜
[PR]
by taro--jiro | 2010-10-20 00:01 | 芸術系 | Comments(3)

アヴェマリアで、終わる

タロです

今日の練習は、リストのアヴェマリア一色で終わりました。
休憩もなしで・・・アッという間の2時間でした〜〜〜〜〜〜。けどキツかった・・・

みなさんは、木曜のミナエちゃんのレッスンの成果を、如何なく発揮できたでしょうか。
タロは・・・ちょっとそんなことは忘れてしまうくらい、音の洪水にヤラレてました。
何人か、あのフォーメーションで「歌いやすかった」という発言が聞かれましたが、羨ましすぎる・・・
アンセルモを考えると、普段の練習場より今日の環境の方が近いんだと思うんだけど、
私てきには、ちと今の状態では対応できそうにないなって思って凹んでました。。。

オフ練は久しぶりに、斜めにならないと座れないくらいの人数が参加。
途中で明日香先生も登場し、大いに盛り上がりました。アーサー王の本番の話とか。録音くださいねっ。

今日は1300円。タロでした。
[PR]
by taro--jiro | 2010-10-18 23:39 | オフ練 | Comments(1)

オレンジ色の電車=テツコの独り言

昨日テレビを見ていたら、中央線のオレンジ色の車体が引退、っていうニュースをやっていました。
幼稚園から高校まで、四谷に通園〜通学していたタロにとっては、思い出の詰まった電車。
うちの学校の生徒は、ほとんどが「黄色い電車(=総武線)」か「オレンジ色の電車(=中央線)」に乗って通っていましたから、大人になって、地方から出てきた人と話をして、ステンレス製の電車しか知らない人には話があまり通じなくて驚いた記憶があります。

そんな中でも、中央線は、長いことオレンジ色の電車が走っていたよね〜〜。もうなくなっちゃって、ラインにしか面影を留めなくなるのは悲しい限りです。

って、書いて、昨日引退した201系の車両って、私にとっては新型車両だったってことを思い出しました。
私が一番馴染みがあるのは、103系ってヤツ。調べたら、1973〜1983年まで走っていた車体。
201系は、1979(実質1981)〜2010年まで走っていたみたいだけど、顔が真オレンジじゃなくて、黒い部分が多くあり、見かけるようになった時、なんか気取った電車〜って思った記憶が蘇ります。
(調べてみて、記憶がそんなに間違ってなかったって確認〜〜)

どっちにしても、子供の頃から良く利用した車両が見れなくなるのは悲しいな〜
今のステンレス製の車体って、味けなくないですか?前の方がかわいかったのに・・・
[PR]
by taro--jiro | 2010-10-18 21:42 | その他 | Comments(0)

歌の世界は、横隔膜から?

木曜日は、ミナエ先生のボイトレでした。
今回も、実のあるトレーニング。たっくさんの秘伝を授かりました!!先生のような声が出るようになるか!?

○息を良く使おうと思うと、横隔膜が上がってきてしまう。下がり続ける、上がらないように上がらないように、と思いながら声をだす。上がってしまうと支えが無くなってしまうので、息をす〜っと吸って、下げてあげる。
○夏の犬の呼吸30秒。横隔膜を指で触って。ハッハッハッ、と吐き続けてはだめ。ゆっくりでも良いから、一回ごとに吐き吸いを怠らず。長続きしなくても、あきらめない。少しずつ秒数を長くできるように。
これは横隔膜と息が連動していることを意識するトレーニング。全然動かない人は、肺の上の方で呼吸をする癖がついていて、横隔膜周辺が固まってしまっている。歌う時、横隔膜周辺を動かせるようになるために・・・。
○横隔膜が上がると喉頭が上がってしまう。「横隔膜を下げる」のは難しくても、「横隔膜を動かす」を意識できれば、自然に下げられるようになる。いま自由自在にならなくても、「体のここが苦しかったな」という気持ちを得られれば、横隔膜の位置を認識できている。次第にコントロールできるようになる。
○高音から下がってくる時は、一番下の音に一番の響きが残っているように。
○高い音、後頭部から声が出てくるようなイメージで。頭を裏返すように。ただ、凧の糸がきれたように飛んで行っちゃわないように、下からも糸できちんと引っ張る。

○音を歌わないでフレーズを歌う。フレーズを歌う時は、最初に使い切っちゃわないで、フレーズのどこでいっぱい息を使おうか、きちんと考える。息を止めないで、良い声を息に乗せる。ゴムのようにしなやかに。
○口(の中)は上下両方動かす。下だけ開くと暗くなる。
○息がつまったり止まったような歌い方をしない。いつでも「みんなで」どんどん息を回して進んでいくような歌い方をする。それぞれのできる範囲で。隣のパートが息を止めた歌い方をすると、アンサンブルができない。ソプラノ、アルト、テノール、バスと、みんながそれぞれが息を回すことで相乗効果が生まれる。
○合唱が始まったら、誰一人とりこぼしなく出し惜しみをしないこと。声の出し惜しみではなく、エネルギーの出し惜しみ。「エネルギー出し合いっこ」をする。「エネルギー出し合わないっこ」はダメ。音が下がる要因にもなる。音程を合わせるとかではなく、息を送る作業をみんなでする。息を回す。みんなで自転車をこぐこと。
○ピアノ(p)は、小さく出すのではない。メゾフォルテくらいのエネルギーがきちんとある。それを、コンパクトにしていく。容量は同じで、密度が上がって小さくなる。


あぁ〜〜〜書ききれないっっ。まだまだ沢山沢山盛りだくさん。ここから先は、出席した人の特権ってことで。

タロは今回とっても嬉しかったです。なぜなら、出席超多数でした!!このレッスンをみんなに受けて欲しいっていうのはもちろんありますが、ミナエちゃんがオフ練でおっしゃってました。ある程度人数がいないと、パートとしての声作りが出来ないのよね、って。一人や二人しかいないパートは、あんまりジックリといじれないもん〜〜っって。そういうものなんですね。

ミナエちゃんはちょっと体調悪かったのに、熱烈指導、感謝です。オフ練ではずっと暖かいお飲物をとっていらっしゃいました。お疲れさまでした〜〜。タロ
[PR]
by taro--jiro | 2010-10-16 01:31 | オフ練 | Comments(2)

前進

ジロです。

井野さんの為に歌いました。
悲しい出来事ではありましたが、私たちはどんどん前進せねばなりません。
井野さん、次回の演奏会、是非私たちスコラを見守っていてください。

そして、青木先生の練習です。
アンセルモでの本番終わってすぐの青木先生でしたが、、、
いや、1時間前まで歌っていたとは思えない相変わらずの精力的な指導をしていただきました。
「疲れた」なんて言葉を気安く使うのはやめようと、、思ってしまった。
(でも多分軟弱だから無理(ToT))
12時半からリハやって、本番やって、、、21時まで指導ですよ。。。
(オフ練は一応任意のつもりなので除きますが( 一一))
よほどの体力と集中力が無いと無理ですって・・・。
本当にいつも有難うございます・・・・・。

そしてボイストレーニングのことも・・・。
最近ボイトレというヤツの存在の大きさが身に沁みる・・・。

浦野先生のボイトレも、藤崎先生のボイトレも大好き!
先日、お二人の演奏会行きましたが、、、あのボイトレがあってこその
お二人のあの歌声なのだなと、俄然やる気!
次回は久々にボイトレ参加できる!嬉しいです。

ジロ
[PR]
by taro--jiro | 2010-10-12 12:20 | その他 | Comments(7)

涙雨・・・

スコラの仲間、井野良子さんが月曜にお亡くなりになりました。
本当に悲しいですが、正直タロには、まだ現実のように思えません。
マタイの本番に向けてみんなで一緒にがんばったこと。
女中役を射止めて、練習に励んでおられたこと。
演奏会会計担当として、なかなか請求書を出さないタロに何度もメールをくださったこと。
合宿の時、お風呂をご一緒して、熱いお湯の中で語ったこと。
「若くて良いわね〜〜これからやること、できることが沢山あって羨ましい」とおっしゃってましたが、
そんな井野さんも、精進を欠かさなかったと聞きました。
昨日お通夜に伺い、ほぼ創立時から歌っていらしたことは初めて知りました。(スミマセン・・・)
スコラの活動に長く貢献されてきたこと、感謝は尽きません。

安らかに、大好きな音楽と共にご永眠されますようお祈りいたします。タロ
[PR]
by taro--jiro | 2010-10-09 14:23 | つぶやき | Comments(0)

家族のような

ジロです。

タロさんがブログupしたばかりではありますが、
今日、青木先生が代表をつとめるパーセルプロジェクトの第一回演奏会に
行ってきまして、興奮冷めやらぬまま、またまたupします。
タロさんも、お仕事の都合で来れそうになかったのですが、昼間のメールの
やり取りなんぞで来れそうな空気が漂っていたので、ぐいぐい言ってみた。
タロさん来れた~!良かった~!!!

そして、演奏会はホントに楽しかった~!!!というのが感想。
そう、とにかくとても楽しかったのです。なんというか、多彩。

音楽劇というのか、演奏会形式のパーセル「アーサー王」。
プログラムのコンマス天野さんのあいさつ文に、
「アーサー王は歌わず、円卓の騎士や聖杯も出てこない。
けれどがっかりしないでください。(抜粋&要約しすぎですみません)」とのことでしたが、
ほんとその通り。
聴かせどころに見せどころ満載、、、思わず前のめりになるようなそんな演奏会。

舞台上では、演奏者のみなさんが、まるで家族のように、兄弟姉妹のように
仲良く楽しそうに歌ったり踊ったり(?)。
その温かい空気感がすごくわかった感じ。
なんともいい時間を過ごせたなぁ・・・。
元気でたなぁ~。。。

さて、来年の第二回演奏会もすでに決まっているとのこと。
むむーこれは行かなくては!!!!

ジロ
[PR]
by taro--jiro | 2010-10-05 23:37 | 芸術系 | Comments(2)

傘が無駄になった・・・

タロです

予報では「雨」057.gifだったのに、傘を一日持ち歩いて、一度も使いませんでした・・・
こういうのって結構悔しい・・・

今日は、大幅遅刻で練習に行きました。
前半がビクトリアとメンデルスゾーン、後半にリスト。
先週歌ってうまく行かなかったAus Tieferの4、5番。やっぱり歌い慣れてなくて、苦手感を払うまでにはまだならないけれども、二週続けて歌って、少しずつだけど馴染んでいく感じ。
後半は、「リストはさらうだけ」といって始めましたが、いざ歌いだすと、「さらう」ってわけには行きませんでしたね〜。むむむずかしい。ロザリオもアヴェマリアも、音型の難しい絡みは一切無いのに、ハマらない和音をすっきりさせるには、まだまだ練習が足りないなと、思うばかり・・・

オフ練では、今日は「お仕事」もなく、久しぶりにいろんな人達との交流がありました。
特に、朋姉さんとは本当にご無沙汰〜のお隣で語りました。
タロも歳をとったねぇと、なんか変な感じでしたけど・・・確かに!!!まもなく40って歳になり、最近はあらゆるタイミングで「加齢」を実感することが増えてきました。何を言ってるんだ〜〜と言われてしまいそうだけど。

スコラに入ったのが24歳の時で、タロも確実に歳を重ねているんですけど、周りに元気いっぱいの先輩方がたくさんいると、いつまでも「若者」みたいに思ってしまうけどね。もちろん相対的には「若い」んですけどね。
今の長老達がスコラを創設したころの歳に近い、今の私は、いろいろ思うことも多いんですよ。
そんなことも、沢山みんなと語りながら、スコラで長く歌って行きたいなぁと思う、秋の夜長。

庭の虫の声を聴きながら。タロでした。
あ、久しぶりの○タミの差配、お会計は1150円でした。
[PR]
by taro--jiro | 2010-10-04 23:52 | オフ練 | Comments(0)


練習後のつぶやき


by taro--jiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
オフ練
web更新
芸術系
出会い
ご挨拶
その他
つぶやき

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

最新のコメント

うらしまコメント、失礼〜..
by まさきち at 19:55
風邪はとにかくゆっくり休..
by eko at 20:53
ボイトレ、行けなくて、残..
by まさきち at 11:33
ですね、アーメンはクレド..
by taro--jiro at 21:26
テンション、無理に上げな..
by ハルタニコル at 09:53
本当に私も、練習で歌って..
by taro--jiro at 03:38
お誕生日をみんなでお祝い..
by まさきち at 21:00
わはは。確かに、高層マン..
by taro--jiro at 09:12
構想が練られていく・・・..
by まさきち at 07:54
出張で練習に参加できず残..
by まさきち at 09:07

リンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
つぶやき

画像一覧